赤ちゃんのような肌

postheadericon保湿成分

コラーゲンとは
コラーゲンは、皮膚の真皮や軟骨、骨などを構成するタンパク質の一種です。
人間においては体内の全タンパク質量の約30%も占めています。
体内での重要な役割だけでなく、様々な商品に利用されており人間生活にとって欠かせない物質の一つです。
ゼラチンはコラーゲンを高温で変性させたものです。
ゼラチンは、コラーゲン配合と謳っている化粧品や健康補助食品に原料として利用されます。
また、ゼリーの原料として食品にも利用されています。

化粧品内での役割
ヒアルロン酸は上述したように、化粧品の保湿成分として用いられています。
コラーゲンもヒアルロン酸と同様に保湿効果が高い物質です。
皮膚の表面に塗ると、コラーゲンが水分を保持することによって皮膚からの水分の蒸発を抑える効果があります。
その結果、肌の潤いを長続きさせる効果があるのです。
最近では、この効果をコラーゲンを食べることによって引き出すと謳っている商品があります。
しかしコラーゲンはタンパク質であり、体内に吸収する際には分解されてしまうので医薬的根拠は今のところありません。

保水

postheadericon肌の美容に使われている成分

美容液を効果的に
これらの美容に関連する成分は、食品などで内部から摂取することもできますが、やはり手軽な方法としては、化粧水や美容液など外部から摂取するという方法です。
肌の乾燥が気になったり、肌を生き生きとさせたいといったときには、美容液を使うと効果があります。
直接肌に浸透させるので、触った感じで変化があったということを実感することができます。
またヒアルロン酸とコラーゲンを一度に補給することができるのが美容液の利点です。

ヒアルロン酸とは
最近の美容液によく配合されているヒアルロン酸とは、科学的に説明すると糖の一種になります。
N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸という物質が鎖のように交互に繋がった構造をしています。
ヒアルロン酸は生体内では、関節や皮膚、脳などに分布しています。
ニワトリのとさかや臍帯から良質のものが単離されますが、現在は微生物を使った大量生産が可能になっています。
薬として関節炎に使われたり、化粧品には保湿成分として添加されています。

しっとり

postheadericon肌に必要な成分

ヒアルロン酸とは
化粧品の一部として配合されているヒアルロン酸ですが、体を構成する要素として大切な役割を果たしています。
ヒアルロン酸は皮膚の水分を保つ役割や眼圧の維持、このほかに関節などの結合組織に必要なものとされています。
したがってヒアルロン酸が不足してくると、目が乾いてきたり関節が痛くなったりすることがあります。
ヒアルロン酸は年齢を重ねるごとに減少してしまうので、化粧水やサプリメントで補うという人もたくさんいます。

コラーゲンとは
ヒアルロン酸と同じように美容に関して注目されているのがコラーゲンです。
これは骨や軟骨などに含まれるタンパク質の一種です。
人間の体にはタンパク質がありますが、その30パーセントはこれで構成されているというとても重要なものです。
したがって不足してしまうと、肌が衰えてきたり骨や血管などにも支障が出てきてしまいます。
これもヒアルロン酸と同じく年齢と共に減少していきます。
したがって食品などで補うことが大切です。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930